URLのクリック数を集計可能

自分だけでは集計しきれないデータを軽々集計

メール配信システムを利用すると、データ解析や費用対効果の高い集客が可能となるといいます。また、顧客育成に大きな影響を与えるといわれているため、メルマガ配信として利用する事業主も少なくありません。システムを活用するポイントとして、タイミングを逃さずに配信できること、ニーズに応じてメールを配信できることが挙げられています。更に、メールの開封数・開封率・開封時間・URLクリック数の集計が可能となっているため、分析しやすくなるのも特徴です。クリック数だけでなく、クリック率やクリックした後のサイト滞在時間までも集計が可能となるため、メール配信ビジネスにおいて強い味方となります。活用を続け、顧客のニーズに合致したメール配信を心がけることで、顧客育成率が高まります。

集計機能を生かしてメルマガ配信

データを集計し、分析して顧客のニーズに合致したメール配信を続けるメリットとして、メール配信システムで多くのユーザーに配信する時の費用を抑えることができます。無差別に多くのメールを送信しても、費用がかさむだけで費用対効果が得づらくなります。結果として集客率アップにつながらなくなるため、データを集計、分析を行うことは大切です。URLクリックをしたユーザーは商品に対する関心がある人、商品購入の見込み率がある人と認識できるでしょう。ユーザーが商品を購入しやすいようにメルマガ配信することで、顧客育成につながります。商品に関心を持つ人の分析を行うために、メール配信システムのデータ集計機能は利用する事業主にとって、必須条件といえるでしょう。