エラーの特定やエラーアドレスの管理にも対応

自動管理してくれる機能

メルマガを送ったけれどエラーが発生してしまったという場合があります。送信したメールが帰ってきてしまう事態になるので上手くメールマーケティングができないです。エラーアドレスが出てしまうのは個人が都合でアドレス変更をした時といえます。 使えないメールアドレスの他にもプロバイダー制限により一時的に利用できないといったトラブルもあるのが特徴です。そういうエラーアドレスが出たときにはメール配信サービスだとアドレス管理を行えます。エラーメールが出た時原因を解析して分類を行ってくれるのがメリットです。 リスト管理恒久的エラーに入れる、一時的なエラーなら次回配信も含むリストに分類されます。自動的に行なってくれるので利用者への負担も少ないです。

配信停止を行ってくれる

使えないメールアドレスがリストにあると単純に邪魔です。これは配信エラーが出たときに設定した回数に達した顧客にはメールの配信を停止させる機能が付きます。エラー回数により分類されるので、すべてのエラーを配信停止にするわけでないです。 たとえばメールアドレスが変更されて存在しないときは永続的なエラーと判断され即停止できます。受診者側がメールの容量オーバーになっている場合は一時的なエラーと判断されるのですが、その後何回エラーがあるかで配信停止を設定できるのが特徴です。簡単クリーニング機能により使えないメールアドレスを一括削除できる機能もあります。 便利な機能が豊富に用意されているので使いこなせば心強いと言えるでしょう。